肩こり星人
日本、中国、アメリカで頚椎牽引法の特許を取得しました。特許新商品「頚椎牽引・肩こり解消くん」は、肩こり解消のイノベーターです。  
201805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201807
器具の本体素材探求②
発泡スチロールに変わる素材として、硬質発泡ウレタンはどうだろうか?

ヘルメス株式会社のHPに硬質発泡ウレタンの特徴を説明したサイトがありました。
http://www.pur-hermes.com/prd.htmlml

ウレタン擬木
ウレタン擬木
釘打ち・ネジ止め・接着が木材と同じようにでるということ。
耐候性・耐薬品性・断熱性などに優れているということ。
発泡倍率を変えることにより、ある程度任意の強度を作り出すことができること。

生産コストで折り合いが付けば、硬質発泡ウレタンで製造できるのではないかと考えている。
硬質発泡ウレタンは、プラスチックを発泡させたようなものでした。
水に浮かべると、三分の二は浮いています。
木より軽く発泡スチロールより重い。
油性塗料OK
量産できる個数は、50から2000個
金型を使わないモールド成形(型製作費用は射出成形用金型の約1/10~1/20程度)

製造コストは調査中です。


「頸椎牽引肩こり解消くん」の共同開発のパートナーを求めています。
連絡先:マルゲンライフ株式会社
E-mail:jcq874np@zb.ztv.ne.jp

テーマ:素材探求 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/07/20(水) 14:48:16 | | #[ 編集]
Re: 私が「肩こり解消くん」を作るとしたら
ご連絡いただきありがとうございます。
段ボールですが、東急ハンズで段ボールの筒を見かけました。
筒の端は、内側に織り込んでおり、凹んでいました。
底面部の凸部分が分かり難いのです。

以前、段ボールの商品化している発明家にアドバイスをいただいたことがりました。
段ボールで強度は十分あるとのことでした。

発泡スチロールを加工するより簡単でしょうか。
いま、塗料を塗って試作しています。
段ボールの器具も商品として完成度がどこまで高められるか検討したいと思います。

ありがとうございました。
また、ご意見をお願いします。
2016/07/20(水) 22:48:23 | URL | traction #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.