肩こり星人
日本、中国、アメリカで頚椎牽引法の特許を取得しました。特許新商品「頚椎牽引・肩こり解消くん」は、肩こり解消のイノベーターです。  
201805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201807
「頸椎牽引肩こり解消くん」の使用法解説2肩の高さを揃える運動【牽引ストレッチで首肩の筋膜リリース編】
[広告] VPS






右利きの人は一般的に右肩が下がりやすくなります。
左利きの人は一般的に左肩が下がりやすくなります。
利き手側の肩が巻き込み肩になりやすいことが考えられます。


「頸椎牽引肩こり解消くん」で牽引力を生じた状態で頭部を左右に倒すストレッチをすることで、首周りの筋肉骨格バランスがとれます。

頭部の傾動の可動域に左右差があるときは、可動域の狭い反対側の首と肩の筋肉と筋膜が固くなっていると考えられます。

器具を使って可動域が広くなるようにストレッチすることで、筋膜リリースの効果が得られます。


モデルさんは、右肩の筋膜が固くなっていますので、左側への可動域が狭くなっていますね。

よって、左側に頭部を倒すストレッチが、右肩側の筋膜リリースとなります。


※片方の肩が下がる人は、ぜひお試しください。過去の記事で肩が下がる理由を説明しております。
片方の肩が下がる理由とその解消法についてをご参照ください。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.