FC2ブログ
肩こり星人
日本、中国、アメリカで頚椎牽引法の特許を取得しました。特許新商品「頚椎牽引・肩こり解消くん」は、肩こり解消のイノベーターです。  
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
特許商品の評価方法の注意点
特許商品は集客が難しい傾向にある。
理由は、商品が認知されにくい。理解されにくい。必要性を感じにくい。などの理由が考えられる。
これらの事は、商品の開発者側からだと軽視してしまいやすい傾向にある。
なぜなら、開発者は商品を知り尽くしており、いいものだと思い込んでいるからである。

商品が売れないと…「なぜ売れない?」「やっぱりニーズがないのか?」
という考えに安易に陥りやすい。
特許商品というものは、なかなか認知されるものではない。

しかし、広告を出して認知度を高めると、役に立たないものでも売れてしまうものなのです。
ましてや、有効なものであれば、売れるのである。
絶対やってはならないことは、安売りです。
特許商品においては、安売りはこれは絶対にやってはいけません。


評価は第三者の目で行うべきであるが、特許商品であるため、商品の必要性や価値を第三者の目で評価させてはいけない。
第三者はあくまで商品の広告に関する事だけにする。
繰り返すが、第三者は商品のニーズや価値の評価をさせてはいけない。
商品の評価は、購入者が行ってくれる。必要性を感じた購入者からの評価は大事です。

私自身、商品の評価を購入者以外から求めたため、大変混乱してしまった経験がある。
ネガティブな意見は、評価されやすい傾向があるが、なぜか?それは失敗による防衛本能が同調しやすいからだ。

市場のニーズを把握し、評価しながら計画を修正しつつ事業を進めるしかないのだ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。