FC2ブログ
肩こり星人
日本、中国、アメリカで頚椎牽引法の特許を取得しました。特許新商品「頚椎牽引・肩こり解消くん」は、肩こり解消のイノベーターです。  
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログ肩こり星人へのアクセス解析で、一番多いキーワードは、「肩が下がる」でした。
「頸椎牽引肩こり解消くん」のネーミングは、「頸椎牽引肩下がり解消くん」の方が良かったかも。

片方の肩が下がる。その原因と解消法は簡単です。しかし、短時間しか効かないということが問題だ。

肩が下がる人(左肩が下がる人は、右を左と読み替えてください)を例に挙げて、説明します。

肩が下がる人の原因
・右足に体重がかかっている。
・骨盤が右側に旋回
・肩が右側に旋回。右肩が後ろに、左肩が前に。
・顔は正面向いているが、実際は左に旋回

どう治すか?難しくはありません。
先ずは、鏡の前で、目をつむり、脱力して、、、、右肩が下がっているのを確認してください。
右肩が下がり、左肩が上がり、頭は左に傾いていますか?

それでは、次のことを行ってください。
1 腰を左に旋回してください。(既に右肩が上がってきていますか?)
  右足に体重がかかったままですか?

※1の動作である程度肩の高さが揃うはずです。
しかし、両肩を揃えるのに腰の旋回していなければなりませんので、続けられませんよね。

では、根本的に骨格バランスをとるには、どうするか?が問題です。
「頸椎牽引肩こり解消くん」を使えば、効率よく骨格バランスをとるストレッチが簡単に行えます。

※考え方ですが、首と腰のどちらを矯正するのが先か?を考えると、結論から申し上げますと、首です。
ヤジロベエをイメージしてください。頭部のバランスを崩すことで大きく、バランスが崩れますよね。首も腰も両方重要という答えですが、間違いではありませんが、どちらかというと上部に位置する部位からのバランス改善が重要です。

矯正する姿勢:うつ伏せ・・・肩、腰の左右バランスがマットに平行に接地するからです。捻じれが生じにくい。

頚椎牽引肩こり解消くん・・・顎に装着(器具は湾曲した方を前に)。顎を引き、首筋を伸ばした状態にします。

                 右腕を頭頂部から回し、右手で左耳をおさえる感じにして、右側頭部と右肩が当たるくらいに引き寄せます。そして、器具を右に傾けながら、頭部をマットに近づけるようにします。
この時、左側の背筋から首筋が伸ばされます。5分くらい休みながら続けてください。

もう一度、鏡の前に立ってください。目を閉じて脱力してから、ゆっくり見て下さい。肩が下がっていないでしょう。
※左足を折り曲げ、右足は伸ばし、にゃんこポーズをしておくと、腰の旋回が良くなります。合わせて行って見て下さい。
これで、右肩下がりが劇的に改善します。

「頸椎牽引肩こり解消くん」は「頚椎牽引肩下がり解消くん」ともいえます。
動画で説明したいですね。

試された人、よろしければコメントください。
※やる気がでます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。